<   2018年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

過日、とある方A氏に(初対面で)
「私はロータリークラブのメンバーなので、**(地名)では力がある。だからホームページをどこよりも安く作ってくれ!」
「もっと安く作れ!」
なんて言われました。

即座に
「私はロータリークラブとは無関係ですので、その質問の意図がわかりません。」
と返答をした所、
「オレは**(地名)では力があるんだぞ。そんな返事でいいのか。」
と切り返してきたので、
「(A氏と初めて会ったばかりの方に)そんなことを言われても回答は変わりません。この返事がすべてです。ロータリークラブという団体の詳細は分かりませんが、それをかざせば弊社が条件を飲むと思われているようですが、慈善事業ではなくビジネスとしてホームページを制作していますので、お断りします。これにて失礼します。」
ということがありました。
なんなんでしょうかね、ロータリークラブをかざすこのA氏は。
私はロータリークラブが悪いとかいうつもりはありませんが、それをかざして圧力をかけようとするA氏に疑問を感じました。
まだこんな化石みたいな考えの方が存在して、初対面の私に圧力をかけてくる姿に唖然です。
今年、世間をお騒がせした各スポーツのパワハラ問題と全く変わらないこのA氏。
こういう方のビジネス感覚は理解できないのですが、圧力をそんなにかけたいのですかねえ?
A氏も含め、世の中誤解されている方が多いのですが、ビジネスのINとOUT(出す方と受ける方)はINが偉いと思われている方が多いのですが、私は対等だと思います。
IN側が偉そうにして圧力ばかりしてもOUTが敬遠したら、ビジネスが成り立たなくなります。成り立たなくなれば違うOUTを見つければいいのでしょうが、それが永遠に続きますかね?
OUT側が必ず愚痴や文句を第三者に伝え、必ずその話がIN側の評判が落ちていくことになります。実際にこのブログで私が書いていることが実証しています。
つまり因果応報になるのです。
ビジネスはINもOUTもWIN-WINで対等であるべきです。
それが解っていれば、圧力をかけることなんて絶対ありえないんですがね・・・という持論を私は持っています。
本当に残念なロータリークラブのA氏。


■駄文
9月はたくさん、仕事をこなしました。
弊社スタッフ、お疲れ様です。
これだけこなせれば、弊社の限界値が見えた気がします。




[PR]
by g-press_news | 2018-09-30 11:50 | お仕事 | Trackback | Comments(0)
何気なくYoutubeを見ていたら、「よろしくメカドック」が飛び込んできた。
私が中学生の時に週刊少年ジャンプで連載していて、コミックも揃えていたのでほぼストーリーも記憶している。
そんな中でYoutube=アニメ版を見たのですが(以下)、第一話のストーリーは原作と違うのね・・・。
店舗なしからスタートしているとは・・・。


まあ、それはよしとして、気にいったのは5:23からのスバル360で猛追するシーン。
小排気量車で大排気量車を抑えるアイデンティティは原作ではちょくちょく出てくるのですが、実際はありえないロータリーエンジン+ターボチャージャーを載せたりしていて痛快なシーンです。(原作ではシャンテにロータリーターボがありました)
このアイデンティティは今の私の車の思想にも通じていて、小排気量でキビキビ走る車が好きになったルーツです。
時々、公道で大排気量車で意味もなく猛追して煽っている車がいるじゃないですか、ああいうのを見ているとメカドックに出てくるヤラレ役を思い出します。
車体がデカければいいとか、高級車であればいいとか、トンチンカンな車価値を持っている交通マナーの悪い輩に原作の当初では鉄槌をしているメカドックがいい味を出していて痛快な作品だと思いますね。
メカドック、現代の車をテーマに再連載もしくはリメイクしてくれないかな・・・と思うメカドック世代の私でした。


■駄文
タミヤMMがすごい。
作ってみたい気になります。





[PR]
by g-press_news | 2018-09-29 10:06 | カルチャー | Trackback | Comments(0)
会社でGetNaviというトレンド情報誌を定期購読しています。
かれこれ5年以上は定期購読していると思います。

そのGetNaviにおいて「レベル40(アラフォー)でもゲームしたい!」というカラー記事が毎月掲載していて、そのゲームコラムニストがゲーム芸人フジタさんなんです。
そのフジタさんとにかくゲームにおいてマニアックで同世代の私としても(実際は私が6学年上でした)、あーこれあるある。と唸ることもしばしば。

そんな訳で彼に興味を持ってしまったので、画像の左側のフジタさんの著書「ファミコンに育てられた男」を買って読んでみました。(ちなみに右側がGetNavi)
d0130291_09481728.jpg
芸人だし、GetNaviのコメントの流れで軽いノリで読もうかな・・・と手に取りましたが、文庫帯にも記載してある通り「小学校入学式の3日前に母親が死んだ。」から始まり、ドロドロした家族と友人関係にびっくり。
昼ドラじゃないですか、これ。
軽いノリで昔のファミコンソフトのバカ話と思っていたら・・・そうでもないフジタさんの生き様列伝でした。
解るクダリもあるし、このゲームをしているときはこんなことがあって、これを学んだ、この人との恨み節、思い出がある。
「いい意味で期待を裏切る」という表現がありますが、あえていうのであれば「次元が違う裏切りをされた内容」でした。
そんなフジタさんにますます興味が湧いた私です。
いっしょにゲームやらバカ話をしてみたい芸人さんですね。
(と言いつつも、対等に語れるか、互角でゲーム対決はできそうもありませんが。)
フジタさん、見ていたら連絡ください。(一縷の望み)

■駄文
この本を読んでいる途中でなぜか、カプコンのSONSONがプレイしたくなりました。









[PR]
by g-press_news | 2018-09-23 09:59 | カルチャー | Trackback | Comments(0)
会社を経営していると、この経費は抑えたいという気持ちはありますよね。
ましてや、先月この経費が多かったので、今月は少なくしたいなあ・・・。
と思っている経営者は私だけではないはず。
特にイレギュラーな経費は降りかかって来ないように祈るばかりです。

そんな9月ですが、イレギュラーが出てくるわ出てくるわ。

・社用車のバッテリー交換
・GoogleMapのアクセス数に応じた有料化
・上記のシステム変更料
・社用携帯電話の途中解約の違約金
・2年おきに開催されるイベントのファーストスポンサー料金

といった感じで困ったものです。
10月はイレギュラー経費が出ないように・・・コントロールなんかできませんが
なんとか経費が出ないように祈るばかりです。
っていうか、祈るしかない!

経費って毎月なんだかんだが出ますなあ。


■駄文
寝れなくってこの時間に事務所で仕事。
その合間にブログをカキコ。
秋の夜長は涼しくていいものです。





[PR]
by g-press_news | 2018-09-19 03:04 | お仕事 | Trackback | Comments(0)
仕事をしている中で皆さん、毎日様々な方にお会いすると思います。
その中で初めて会う方と名刺交換をしていく中で、私が一番気を付けていることは、その方の屋号や名前や商品やサービスを間違えずに話すことです。
さすがに名前だけは親譲りなので例外ですが、屋号や商品やサービスの3つは、その方が考え抜いて付けた大事なネーミングであると思います。
そこは絶対に間違えてはいけない所だと思っています。
間違えるということは失礼である、いや、万死に値すると私は思っています。
しかし、人間ですから、誰しも言い間違えることはあるでしょう。しかしその時にすぐに陳謝する姿勢を見せるべきだと思っています。
ビジネスとして最低限のマナーだと思っています。

私はそう思って日々生活していますが、本日、2名の方から間違って呼ばれました。
A氏は、屋号間違え
B氏は、名前間違え
です。
両者ともにさすがに2回目までの間違いはスルーしましたが、3回目は間違っていますよ、失礼ですよ・・・と注意しました。
それでも間違えるので、冷静に穏やかに波風立てることなく、仕事のお取引をやんわりとあやふやにぼかしておきました。
(私的にはお断り、取引中止にしたつもりですが、やんわりあやふや過ぎて伝わらなかったかもしれません)

1日で2名に各々3回も間違われることはそうそうないので、今日は間違えられ日だと受け止めまして、明日から気分一新して仕事に励みたいと思った次第です。
でもですね、なんだろ、このやるせなさ感は!

小さいことと思う人もいるかもしれませんが、
初代起業家にとっては産みの苦しみで生み出したネーミングとビジネスで一番に大事にしている根幹なので、ここは絶対に譲れない所なのですよ。
他人には理解できない、されない、魂をこめている所なんですよ。


■駄文
知人がラジオで3分ほど出演。トークはカミカミでした。
ラジオの3分って結構長く感じますね。




[PR]
by g-press_news | 2018-09-14 20:47 | お仕事 | Trackback | Comments(0)
弊社は8月にITベンダーとなりまして、IT補助金の窓口ができるようになりました。
そのことで、一見さんからの問い合わせもあったしてなかなかの反響です。

一方で、既存クライアントさまの補助金の実務手続きが3件スタートしました。
そのうちの1件は最終段階の申請中に入りまして、結果がどうなるのかドキドキしている日々です。
ITベンダーの弊社とHP制作の補助金が欲しいクライアントさまがIT導入補助金にオンラインで申請して最短7営業日で結果が出るスピードさはこれまでになかった(これまでは1.5~2カ月だった)ので、よいシステムになったと実感しています。

書類ベースの旧申請体制だと、オンラインではなく申請代理を仕事としている不審代理屋が介在していたり、変なダメ経営コンサルタントが入って、補助金を搾取していたりして何かとややこしく、成功報酬を取る暗黒チックな感じでした。
また窓口や支援機関の商工会議所や信用金庫も担当者次第でNGになる危険も多発していたので、IT導入補助金窓口と受給者(クライアントとITベンダー)が直結できてよいシステムになったと思います。

まだまだ予算枠がある感じですので、新規でホームページをを作りたいという方はご相談ください。最高50万円の補助があります。(会社業態などで条件あり)


■駄文
月が替わってツキが出てきた気がする。
そのツキを変えてくれたのは、とある人なんです。
感謝!






[PR]
by g-press_news | 2018-09-13 19:10 | お仕事 | Trackback | Comments(0)
弊社は今現在で創業20年目です。
創業時から「ホームページ制作」と「エアロパーツデザイン/販売」(#)の2本柱の部門で営業をしてきました。
 #エアロとはクルマの外装をオリジナルパーツに換装する部品のこと

2本柱でやってきたのは、2部門ともに社会人になって私がノウハウを得た得意分野だったからで、得意分野を仕事にするのが一番のことであり、片方がNGになってももう片方でリカバリーしようと思っていた節もありました。

20年前の創業時は圧倒的に「エアロパーツデザイン/販売」部門のシェアが多く、創業してからかなりの期間で弊社の屋台骨の売り上げでした。
これは、当時のアメリカからの車検の規制緩和の圧力とエアロブーム創生期もあってのことでした。
しかし時代は変わり、クルマがエコカーに移り、趣味のクルマいじり人口が減ることもあって、時代の終焉を感じざるを得ませんでした。
d0130291_22342050.jpg
終焉を感じさせる10年前くらいから、「ホームページ制作」部門が弊社の売り上げの圧倒的比率を占めるようになり、2部門の立場が逆転してきました。
そういうこともあり、2018年10月中旬に「エアロパーツデザイン/販売」部門を終了することになりました。
20年近く長い間、「エアロパーツデザイン/販売」部門がお世話になりました。
この部門のお客様がこのブログを見ている確率は低いと思いますが、のべ3万人以上のお客様に商品を販売したので感謝の意をここにお伝えします。
そして同時に一時代が終わったと感じざるを得ません。
絶好調の時はエアロパーツだけで、月にウン百万の売り上げが何年の続き、そのおかげで土地を購入し現事務所を建てることができました。
それもこれも、エアロパーツをネット通販で販売したのは、たぶん弊社が日本で一番目で新鮮さもあったと思います。
当時はエアロをネット通販なんて・・・とかなり批判も同業者からありましたが、今や当たり前のネット通販です。
この経験やノウハウは「ホームページ制作」部門におけるECサイトのノウハウにフィードバックできているので、かなりの財産になりました。

そんな訳で2019年10月末中旬販売は終了ということをエアロパーツのホームページでアナウンスしています。
アナウンスは8月末にしたのですが、駆け込みのお客様が意外と多くて、てんやわんやの弊社です。

以上、近況報告でした。

[NOTE]
スタジオリベルタ エアロパーツページ

■駄文
最近、小比類巻かほるの曲を聴いています。
Youtubeで見ると懐かしいし、いい曲であると実感。









[PR]
by g-press_news | 2018-09-08 22:41 | お仕事 | Trackback | Comments(0)
9月に入り、月(ツキ=運)も変わったので、今月のツキをアップしたいですねぇ・・・
なんて野球中継のアナウンサーが言ったりしますが、弊社もツキを変えたい所が部分的にあります。
それは、「きちんとした取引先とお取引をしたい。」です。

どの取引先も最初は当たり前ですが、初見です。
しかし、お取引していく中で、その取引先の姿が見えてくることがあります。

先月の8月はあからさまな出来事があって、

・SNSにおいて誹謗中傷をして炎上したC事業所
・支払い能力がなくなり借金取りに追われているR事業所

があって、なぜかCとRの顧客が弊社に問い合わせてくる始末。
ブログでは詳しく書けないけれど、弊社に迷惑をかけてもおかまいなしなので、本当に困りました。
今年の弊社の目標に「優良顧客に精いっぱいの尽力をしよう」というのがあるのですが、
これは逆を言えば、「ダメな顧客はリストラしよう」とも取れます。

8月のCとRには、申し訳ないのですが、自身のトラブルを弊社に迷惑をかけているので
リストラさせていただきました。
これを厄災と呼ばせていただきます。

厄災は8月で終わって、9月よりツキを変えたいのです。
きちんとした取引先で精いっぱいの尽力ができる仕事をしていきたいです。(純粋な気持ち)
良き、いや最良の9月になりますように!!!

と切望する私です。(8月が前述のように酷かったので、そう思うのです)


■駄文
一番欲しいものは、「商売運」です。






[PR]
by g-press_news | 2018-09-01 11:57 | お仕事 | Trackback | Comments(0)

愛知県蒲郡市でHP制作会社を営む社長のブログ。蒲郡周辺の地域情報サイト ジープレスをよろしく


by g-press_news