カテゴリ:その他( 53 )

自分にしか解らず、自分しか納得していないノルマを掛けています。
それは、「ヤフオクで不用品を出品するか」、「ブログを書くか」、「断捨離するか」のどれか1つを行うようにしています。
頭文字を取って、「ヤ・ブ・ダ」と銘打っています。
これが冒頭に書いた自分にしか解らず、自分しか納得していないノルマです。
ノルマって言うとネガティブさがありますが、楽しくどれか1つをこなすようにしています。
そんな訳で今日の「ヤブダ」はブのブログです。
ヤとダは共通点があって、自宅や事務所でゴソゴソ整理していれば、何か出てくるので一挙両得しています。

4月1日からスタートしたヤブダは、何とか今日の4月28日までは続いていますが、この活動が毎日継続するか一抹の不安が・・・。
卸したてのジーパンのようにキツくなることが予想できますが、まずは3ヶ月続くように頑張ろうと思います!


■駄文
明日は自宅の草抜きをしようと思っていますが、重い腰が動くどうか
ちょっと不安です。




[PR]
by g-press_news | 2018-04-28 11:22 | その他 | Trackback | Comments(0)
私の知人A(といっていいのか疑問)は、親の借金の連帯保証人になったのを機に取引先に支払いを遅延している。
色々と遅延理由を繰り返したり、嘘を言ったために様々な所でトラブルを起こしている。
借金でクビが回らなくなったので、嘘に嘘を塗りたくってトラブルになっているんだけれど、事情を話して迷惑をかけている人に誠実に正直に話していればこんなことにはなっていないと思うのですが、当人のプライドが許さないのかどうにも誠実に正直に話すことができないようだ。

何が言いたいのかというと
「人間たるもの、嫌なことであってもどんなにプライドを高く持っていたとしても、誠実に正直に話す」
このことが大事であると思う。
誠実に正直に話していれば、理解してくれる人が中にはいて取引先の支払いの遅延に応じてくれるかもしれない。
また、もしかしたら助け舟を出してくれる人もいるかもしれない。
淡い期待をするのはいけないことだが、そこで嘘をつくと更に嘘をつかねばならなくなり、最終的には自分を追い詰め、自身の評価や評判は下がってしまうことになる。
実際にAは、評価と評判は地の底まで落ちてしまった。
評価と評判が下がると嘘をつかれた被害者達は、被害内容を自然と様々な人との会話の中で話してしまう。これが人間の性だ。
この話が人伝いに伝わっていくプロセスが増えるたびにだいたいは尾ひれが付いて話が大きく、そして悪い方向へ進んでいく。
完全なる悪い評価と悪い評判のインフレーションだ。

そんな現象で自分を追い詰めていることをAは理解していないことが、本当にかわいそうに思い、昨日A本人に5分しかない拙い時間で伝えたが、解っているかどうか。
一度、被害者に「誤り行脚」をした方がいいと思う。
人間としてビジネスマンとして「火中の栗を拾う」ことは気が進まないことだと思う。
Aはプライドがあってできないのか、頭が悪く現況を理解していないのか、それとも両方であるのかわからないが、この件は火中の栗を拾わねば終わらないと思う。

私は被害者ではないが、あえてこのブログで掲載しA及び被害者達が読んでくれて解決する術を見出せてくれればと思う。
この私の伝える行動が「優しさなのか甘さ」なんだろうなと思う3月の末でした。


■駄文
暖かい日になってきました。
昨日から半そでTシャツを着ています。






[PR]
by g-press_news | 2018-03-30 14:19 | その他 | Trackback | Comments(0)
とある知人Aさんが、昨年末の衆議院議員選挙の時に強烈に希望の党を私に推し進めてきた。
Aさんの自民党政治批判を私にかなり押し付けてきて、夜中に2時間くらいまでうんちくを聞かされたし、後日も会う度にうんぬん聞かされました。
結構ヘビーな感じで「説法」・「説教」に近かったです。
私も大人なので、その場の空気を壊さないようにしてつくろっていましたが、正直かなり迷惑でした。
ま、クレームしてもいいレベルです。
その後、希望の党がどうなったかは周知の事実。
そのAさん、希望の党が萎んだら何もなかったことにして接してくるのが、どうにも私には納得がいきません。

そんな中、数日前にまた違う案件(政治ではない案件)を押し付けをしてくるので、ちょっと距離を取ることにしました。
Aさん自身でそういう事で距離を取られている・・・ということに気づいて欲しいのですが・・・。

1つ救いというか面白い・滑稽なのが、Aさんが推奨や推し進めてくるものは、100%失墜・失敗していることです。
そんなAさんの持論が「オレは人を見る目がある」です。
(いやいや見る目が全然ないから、失墜・失敗しているんですよ!)←私の心の声


■駄文
愚痴、書いちゃいました。
こんな時があってもいいのではないか、人間だもの。





[PR]
by g-press_news | 2018-01-25 22:08 | その他 | Trackback | Comments(0)

忘年会戦線

今年の忘年会は数えたら9回。現時点ですでに終わった忘年会もあるが、経過は4/9回。
本日の夜に5/9回目があるので、ようやく折り返した所です。
大小、友人知人取引先PTA・・・など様々な形態で忘年会がある訳ですが、私はどちらかと言うとあまり食べないので、飲んで話して終わるのが常です。
近頃は忘年会会場も酒を飲む人が少ないことを意識してか、食べ物をガッツリ盛ってくるので、私にとっては苦戦する機会が多いのが事実。

そんな本日の夜は、とある取引先の忘年会で60名ほど集まる大きな忘年会です。
例年、食べ物が多いので苦戦は必死ですが、日本酒をチビチビ飲んで楽しもうかと思っています。
でも、考えちゃうのが帰りの足。
今日の会場は主要駅から遠くて、タクシーが必須。
でも今日の夜はタクシーが捕まりにくく、凍てつく寒さ。
これを考えると日本酒の味もどうかなっちゃいます。

いきあたりばったりの出た所勝負なんですが、それを今から考えても仕方なしと思い、取引先の忘年会を楽しみたいと思います。
16:30から忘年会会場に向かいます!


■駄文
取引先からカレンダーをたくさん、頂きました。
カレンダー制作会社はホクホクな気がするのは私だけ?




[PR]
by g-press_news | 2017-12-16 14:07 | その他 | Trackback | Comments(0)

ウェルシアvsヤマダ電機

会社の支出をPCの会計システムに入力する関係で、必然的に領収書・レシートをチェックすることになります。
そこで偶然発見したことなんですが、同じトイレットペーパーなのに、ウェルシアはヤマダ電機に金額負けているのね・・・。
d0130291_09341108.jpg
2店舗で商品名がレシート印字で違いますが、赤アンダーラインしたものは同じ商品です。
@8の差ですが、ドラッグストアが家電屋に負けて欲しくなかったな・・・と感じました。
できれば、ドラッグストアがぶっちぎりで安いことを潜在的に勝手に期待していた自分。
でもこれが現実でした。
これからの買い物の参考にします。
小さいことですが、セコイとは思わんでくださいね。
(店名と定員名が印字されている部分はモザイク処理しています。)


■駄文
昨日、弊社の自動販売機にホットが入りました!
最近、寒くなってきたので嬉しいですね!

d0130291_09433026.jpg


[PR]
by g-press_news | 2017-10-21 09:46 | その他 | Trackback | Comments(0)
会社の電話窓口相手だろうが、取引先担当者だろうが、その方はその会社のファーストタッチである顔になります。
その会社では平社員かもしれませんが、問合せ側から言えばそんなことは関係ありません。
・・・ということを理解されていない会社の上司・経営者がいます。

その上司・経営者(ここではAとします。)が、
「先日は(平社員の)Bが失礼をしまして申し訳ありませんでした。ご迷惑をおかけしました。Bの勉強のためですので、よろしくお願いします。」
と挨拶がありました。

オイオイ!、Bの勉強のために弊社に不快な想いをさせるのはどうなのよ!
と思ったが、そこはぐっと堪えて更に聞いているとAは
「私は知らなかったので・・・」
なんていう始末。

上司・経営者であるAは責任をとらなく、平社員のBに責任押し付け不快な想いが今後もあるからよろしくという言動に非常に残念な方だなあ・・・と思いました。
なんて言いますか、社内でAからBへ注意をして再発防止をするのが・・・

ブログで文章書いているだけで残念感が漂ってきて・・・この辺でやめときます。
弊社ではこんなことが起きないように社員教育をしていますし、責任は私が必ず取るようにしています。絶対に。
(深呼吸!)


■駄文
知人より5年ぶりに電話がありました。
電話なので音声だけでしか判断できませんが、元気な感じでなにより。
今回のブログの冒頭の内容の後に駄文の内容があったので、なんて言いますか、体と心に染みるものがあった。
この知人の電話に救われました。




[PR]
by g-press_news | 2017-08-20 11:21 | その他 | Trackback | Comments(0)
2018年4月の新卒採用を考えて、専門学校にご挨拶に行ってきました。

d0130291_10290811.jpg
画像の学校です。(色々諸事情があって、こんなアングルなのはお許しください。)
2016年度に同校の女性新卒者を縁があって採用しました。
彼女は非常にデキの良い人材でしたので、その縁をたどって同校に同行してもらいご挨拶に行った訳です。
卒業生でもある彼女がいたおかげで話もスムーズに進み、学校見学もできて良い時間を過ごせました。
ご紹介頂いた先生も気さくな方で話しやすかったです。

1つサプライズがあって、弊社の採用条件にやや近い男子学生さんがいきなり登場。
聞いていなかっただけにびっくりしました。
先生同席の場で簡単な質疑応答が始まり、彼は中日ドラゴンズのファンだから土日休みがいいみたいでした。(ナゴヤドームに行きたいのかな?)
「弊社は土曜日は出勤日なので希望とはマッチしないけれど、年間休日は某自動車メーカーT社よりも多い125日だよ・・・」と返答はしましたが
今はこんな質問から始まることにちょっと驚きでした。
自分の頃は、どんな仕事なのか詳細を聞いたりだったなあ・・・と20年以上前のことを思い出した学校訪問でした。


■駄文
弊社ホームページのトップページ内にホームページ制作会社としてのぶっちゃけと言いますか
こうでなくては困ります・・・といったありのままのこと(スタジオリベルタ5つの宣言)を記載したら
仕事がスムーズに流れるようになりました。
これっていい意味でムダな労力が減っているからだと思います。





[PR]
by g-press_news | 2017-06-29 10:48 | その他 | Trackback | Comments(0)
毎年のことですが、この時期よりもちょっと前から新卒の就職戦線がはじまっています。
弊社も昨年までは、なんだかんだで学生、学校から問い合わせがありますが、今年は現時点ではありません。
専門性が必要な職場なので、なんでもかんでも採用できないのでこれはこれで幸いなんですが、
今年は取引先さまから、「***な子がいるんですが、どこかよい職場があれば紹介してくれませんか?」
というオファーが4件ありました。

なぜ、そんなオファーがあるのか・・・と4件に聞いた所、
弊社のホームページにホームページ制作実績が記載してあるのですが、それを見てこの会社はどうなんだろ・・・という流れのようです。
まあ、実際のところ、ホームページ制作会社はその会社の核心まで知ってしまうこともありますから、紹介材料の判断としては、いいバランスの位置にいると思うので、それはそれで賢い聞き込みだと思います。

しかし、最近の就職活動状況は、学生があふれているので、そこまで必死かな?
と思いますが、実際に私の近況はこんな感じです。


■駄文
紹介する弊社や私は、クライアントとの友好的なビジネス関係があります。
リクルーターを紹介するのは構いませんが、そのリクルーターがヘマをすると
クライアントとの友好的なビジネス関係が崩れてしまう可能性がありますから
リクルーターは、弊社及び私が命がけということを忘れないで欲しいですね。



[PR]
by g-press_news | 2017-05-23 09:16 | その他 | Trackback | Comments(0)
なんて言いましょうか。
仕事上で失礼極まりなく困ったことがありました。

名前も名乗らず、
「ホームページ制作をしたいのですが、弊社(スタジオリベルタ)が制作したAクライアントのようなページを作りたいのです。
他社に依頼するのでAクライアントは幾らで制作したかを教えてください。」
という失礼極まりない電話がありました。

まあ、遠方の方だったので他社で制作は100歩譲って・・・まあまあ。
として・・・なぜ、一見さん電話でAクライアントの制作額を伝えなければならないのか。
本当にわかりません。

そこで電話相手の商売を聞いてから、同じ質問を私がしたらあなたはどう思いますか。
と丁寧に問い直してみました。

そしたら、電話相手は絶句。

それで電話は終わりましたが、相手の立場になったらどうなんだろう・・・という想像の領域で気持ちがわからないのだろうか。
なんだろう、これが「ゆとり」なんだろうな。
なんて言いますか、「色んな意味の虚しさ」を感じました。


■駄文
山の中にとある車種しかない秘密工場を発見。
同じ車種を集めてカスタマイズしているようだ。
なんとか写真を撮ったので、次のブログでアップしたい。








[PR]
by g-press_news | 2017-02-07 20:16 | その他 | Trackback | Comments(0)
新事務所になって5年経過。
2016年内か2017年明けにネット配線業者がパワーアップ工事を行うために、配線BOX周辺を整理することになりました。
配線BOXが事務所クローゼット内に入っているのですが、工事担当者が苦戦しないために、整理整頓は必須です。
普段、綺麗に使っているつもりですが、意外と仕事で使ってもう要らない不要品が出てくる、出てくる・・・。

なんだかんだでゴミ袋5袋の容量になりました。
取材で使ったレアなプラモデルや食器、クルマのパーツなど多岐に亘りましたが、行き先や価値をいろいろ考えるよりも思い切って捨てる勇気が必要だと思い、ついでにあまり着ていないスーツやジャケットも捨てることにしました。

「断拾離」が一時期ひっきりなしでTVで取り上げられましたが、まさにこの作業は断拾離。
単位はそれぞれだと思いますが、1シーズン使わないモノはほぼほぼもう使わないモノだと思うので、捨てる潔さを学ばせてもらいました。


■駄文
この整理の延長で事務所のデスクレイアウトを一部変更する勢いに。
こういう整理整頓って始まると止まらんのですよ。
不思議な現象だなぁ・・・。





[PR]
by g-press_news | 2016-11-12 08:41 | その他 | Trackback | Comments(0)

愛知県蒲郡市でHP制作会社を営む社長のブログ。蒲郡周辺の地域情報サイト ジープレスをよろしく


by g-press_news