人気ブログランキング |

カテゴリ:カルチャー( 165 )

GW中に2カ月ぶりに馴染みの飲み屋さんに行きました。
その店は25席くらい客席があり、美味しい料理を出してくれるのは勿論、〆で蕎麦が出てくるこだわりの飲み屋さんです。
結構、私は気に入っている飲み屋さんなんですが、GW中に暖簾をくぐったら、客席が8席減され25から16席になっていました。
大将に「どうして減席したの?」と聞いたら
「アルバイトがいなくなっちゃって、今2人で店を廻しているから減席したんですよ」という返事。
「アルバイトがいて5人できっちり店を廻したいんだけれど、人不足なんです。」と諦めのトドメの一言。
店を営業したいけれど、人不足だから減席・・・。仕方ない決断でしょうね。

そういえば、弊社の取引先でイタリアンレストランを4店経営している会社の1店のイタリアンレストランが閉店したのも人不足。
3月末に閉店したが、学生アルバイトの入れ替え時期に上手に新アルバイトが入らなく閉店してしまった。
繁盛店であったが、この結末に絶句したことを思い出した。

なんでしょうか、こんなに人不足だと世の中どうなっちゃうのだろうか。
繁盛店でも人不足で営業できず閉店。
昨今のニュースのコンビニ営業短縮も人不足が一因ですし、労働人口はどこに行ってしまっているのか、本当に不思議です。

一方で昨晩TVで見たニュースでは「8050問題」が起きつつあるという。
「8050問題」とは、若者が引きこもりが長期化。その親も高齢となり、収入に関してや介護に関してなどの問題が発生するようになる。
これが80代の親と50代の子の親子関係での問題であることから「8050問題」と呼ばれるようになったそうだが、この引きこもりが60万人以上存在するという。
60万人はいつ社会に出てくるのでしょうか。
自分が20代のころは、世の中が休みとなれば、アルバイトをしまくっていたんですが、こんな20代はもう絶滅なんでしょうかね?


■駄文
アルバイトしても自分ではなくクルマを買う資金にしたり、ガソリンを買っていた20代のオイラ。
空腹を我慢してバイトをしていたことを今でも覚えています。


このブログ主の勤務先(ホームページ制作会社)は以下を運営しています。
有限会社スタジオリベルタ 愛知県蒲郡市



by g-press_news | 2019-05-06 12:36 | カルチャー | Trackback | Comments(0)

20周年で頂きました!

弊社は来月で20周年になります。偶然にも令和と同時に20周年の月に入ります。
そんなことを知ってか、弊社取引先のうまかんさんから幸運の馬をお祝いで頂きました。
ありがとうございます!
d0130291_14271254.jpg
これは飾り馬というもので、玄関や床の間、応接間に飾る馬の人形です。
愛知県の東三河ではそんな風習があります。
この地を治めていた松平家にこの飾り馬を献上した所、戦で連戦連勝を重ねたことから、幸運の馬と言われ続け、この地で戦国時代から重宝された言い伝えがあります。
近代では出世祝いや五月節句、勝負事のゲン担ぎの神として崇められています。
また、蒲郡の名産品ですので、ソフトバンクの千賀投手(蒲郡出身)にも蒲郡の観光大使就任時に贈られたこともある商品です。
その製造元の株式会社ウマカン(店名:うまかん工房)さんから頂きました。
「20周年」と「祝(鞍部分)」の刺繍もしていただき、深く感謝致します。

2年前にも違う取引先から頂いた飾り馬もあるので、応接間に並べて飾ります。(なぜか18周年で頂きました。)
d0130291_14272050.jpg
次は22周年の時に3体目ですかね。
どうもありがとうございます。
幸運の馬のゲン担ぎに乗って商売繁盛したいと思います!

[NOTE]


■駄文
GWの予定が予定通りに進まない。
まあ、こんなもんですよね。


このブログ主の勤務先(ホームページ制作会社)は以下を運営しています。
有限会社スタジオリベルタ 愛知県蒲郡市



by g-press_news | 2019-04-27 14:37 | カルチャー | Trackback | Comments(0)
弊社のお取引先Hさまが看板を造りたい・・・とご相談がありましたので、取引先の有限会社I田看板店さまを同行して紹介致しました。
商談はうまく進んだようで、当初の予定の看板1物件が3物件になり、有限会社I田看板店さまはホクホク顔になりました。
商談後、有限会社I田看板店さまがとある喫茶店に入って食事を御馳走してくれました。

会計をしようと有限会社I田看板店さま
「『有限会社I田看板店』で領収書をお願いします。」
とお願いした所、喫茶店の女子大学生バイトが
「う~ん・・・。」
と唸っているので
「どうかしましたか?」
と問うた所、
「『有限会社I田看板店』の漢字が1文字もわからない」
と返してきて驚きました。

決して難しい漢字ではないし、中学生までにすべて習う漢字なんですが・・・。
呆れてレジの前で有限会社I田看板店さまと私は固まってしまいました。

これも文字を書く機会が減った影響でしょうか。
いや、これが理由にはしたくありませんが、大学生のレベル下がっていますよね。


■駄文
3月が多忙で疲れたせいなのか、4月は腑抜けな状態な私。
でも仕事の依頼はこなせなければなりません。
いわゆる5月病な感じですかね。


このブログ主の勤務先(ホームページ制作会社)は以下を運営しています。
有限会社スタジオリベルタ 愛知県蒲郡市



by g-press_news | 2019-04-11 15:32 | カルチャー | Trackback | Comments(0)

どうにも気になるCM

私がこのブログでたまにカキコする「どうにも気になるCM」シリーズですが(といっても年1回のカキコですが)、最近気になるCMがこれです。

『ホットペッパービューティー』のCMです。
このCMのタイムライン10秒前後の有村架純さんの「よっしゃー!」の動きがとてもかわいいです。
かわいいしか言えないんだよね、このシーンは。

■駄文
オイラも「よっしゃー!」です。





by g-press_news | 2019-03-29 06:52 | カルチャー | Trackback | Comments(0)
とあるクライアント様先の事務員さんに頂いた「グリコのPOCKYカシス&ココア味」に最近ハマっています。
d0130291_02132959.jpg
これが絶妙に美味しくて、見つけると購入する日々です。
なんていいますか、本家王道のチョコレートPOCKYとはかけ離れて、デザートみたいな感じです。
カシス&ココア味がいいです。
まあ、文面で書いているよりは、論より証拠、買って食べるべし・・・です。


■駄文
スケジュールタスクが詰め込み過ぎな2月でした。
今日から3月なので、少し余裕を持たせたいと思っていますが、それができるか否か。
さて・・・。




by g-press_news | 2019-03-01 02:17 | カルチャー | Trackback | Comments(0)
中日スポーツ(WEB版)を読んで驚いた記事があったので、ご紹介します。
といっても中日ドラゴンズのこととか、スポーツ論議ではなく、井端氏の現役時代のエピソードコメントのやりとりが秀逸だったことです。

以下、記事内容抜粋(紺文字)

井端
「オレがピンチのときに投手に声をかけることで意識したのは、年上には厳しく、年下には優しく。
若い投手はパニックを起こしているケースが多くて、どやしつけても余計に萎縮してしまう。
逆に年上は『なにやってんですか!』でもいい。
オレは山本昌さんにも、岩瀬さんにもそうした。
そこでケンカになって、何言ってんだ、と言われたら
『その気迫で打者に向かっていきましょう』で切り返せばいいよ」

[ソース]

いやあ、この切り返しってビジネスでも使えると思いました。
そして私も使おうと思います。
いい加減さやムラがあるクライアントに対して、同じことをすれば、上手く話が進むと思うんですよ。
まして、井端氏が年上の山本昌さんや岩瀬さんに対応したことと同じように年上のクライアント担当者にも遠慮なく使えるフレーズですよね。
ここでさらに怒ってくる人なら、それで終わりと割り切れるし、
気持ち入れ替えて実行してくれるクライアントなら、仕事が運びやすくなります。
スポーツ新聞からビジネスの参考になるネタが拾えるとは思いませんでした。
さっそくこの切り返しを使いたいと思います。


■駄文
Googleコンソールを使い始めました。
でもこれでいいのかな・・・と疑問以前に理解できないこともあり。
たぶん、英語説明文を自動翻訳にして日本語版にしているんだけれど、これが辻褄合わない日本語訳文もあるから余計に意味不明になっていると思うのです。
なんだろな。




by g-press_news | 2019-02-15 10:58 | カルチャー | Trackback | Comments(0)
最近、ふとした時に思うことがあります。
それは・・・。
「車でフラッといける距離にリラックスできる場所ないかな。」
ということです。

休みの日とか、取引先の訪問が終わったついでにそっち方面だったら寄れる場所があればベターなんだけれど・・・と思いつつ、思案することが多々。
候補地としては、生まれ故郷の浜松周辺、先祖の墓が眠る志賀、親戚がいる名古屋、濃い取引先がある長野と言った所でしょうか。
1泊してもいい感じで、仕事を忘れて観光やらのんびりできたらいいなあと思います。

これまでは「リゾート□ラスト」とか会社保養施設の売込の営業をお断りしていたけれど、最近はこれもいいなあと思うようになっている私。
疲れているんでしょうな。

結婚前は仲間内でツーリングとか耐久レースとかやってリザルトを求めたアクティブ感が強かったけれど、今は、滝見学とか電車旅とか行きたいなあ・・・と少しモヤっとしたものになっています。
そんなモヤっとしたものがあればお知らせください。
ま、とりあえず先祖の墓参りで滋賀に近々に行こうと思います。


■駄文
なかなかスケジュールが過密な最近。
半日、時間を作ることもなかなか難しい。
困ったものです。




by g-press_news | 2018-10-14 23:46 | カルチャー | Trackback | Comments(0)
何気なくYoutubeを見ていたら、「よろしくメカドック」が飛び込んできた。
私が中学生の時に週刊少年ジャンプで連載していて、コミックも揃えていたのでほぼストーリーも記憶している。
そんな中でYoutube=アニメ版を見たのですが(以下)、第一話のストーリーは原作と違うのね・・・。
店舗なしからスタートしているとは・・・。


まあ、それはよしとして、気にいったのは5:23からのスバル360で猛追するシーン。
小排気量車で大排気量車を抑えるアイデンティティは原作ではちょくちょく出てくるのですが、実際はありえないロータリーエンジン+ターボチャージャーを載せたりしていて痛快なシーンです。(原作ではシャンテにロータリーターボがありました)
このアイデンティティは今の私の車の思想にも通じていて、小排気量でキビキビ走る車が好きになったルーツです。
時々、公道で大排気量車で意味もなく猛追して煽っている車がいるじゃないですか、ああいうのを見ているとメカドックに出てくるヤラレ役を思い出します。
車体がデカければいいとか、高級車であればいいとか、トンチンカンな車価値を持っている交通マナーの悪い輩に原作の当初では鉄槌をしているメカドックがいい味を出していて痛快な作品だと思いますね。
メカドック、現代の車をテーマに再連載もしくはリメイクしてくれないかな・・・と思うメカドック世代の私でした。


■駄文
タミヤMMがすごい。
作ってみたい気になります。





by g-press_news | 2018-09-29 10:06 | カルチャー | Trackback | Comments(0)
会社でGetNaviというトレンド情報誌を定期購読しています。
かれこれ5年以上は定期購読していると思います。

そのGetNaviにおいて「レベル40(アラフォー)でもゲームしたい!」というカラー記事が毎月掲載していて、そのゲームコラムニストがゲーム芸人フジタさんなんです。
そのフジタさんとにかくゲームにおいてマニアックで同世代の私としても(実際は私が6学年上でした)、あーこれあるある。と唸ることもしばしば。

そんな訳で彼に興味を持ってしまったので、画像の左側のフジタさんの著書「ファミコンに育てられた男」を買って読んでみました。(ちなみに右側がGetNavi)
d0130291_09481728.jpg
芸人だし、GetNaviのコメントの流れで軽いノリで読もうかな・・・と手に取りましたが、文庫帯にも記載してある通り「小学校入学式の3日前に母親が死んだ。」から始まり、ドロドロした家族と友人関係にびっくり。
昼ドラじゃないですか、これ。
軽いノリで昔のファミコンソフトのバカ話と思っていたら・・・そうでもないフジタさんの生き様列伝でした。
解るクダリもあるし、このゲームをしているときはこんなことがあって、これを学んだ、この人との恨み節、思い出がある。
「いい意味で期待を裏切る」という表現がありますが、あえていうのであれば「次元が違う裏切りをされた内容」でした。
そんなフジタさんにますます興味が湧いた私です。
いっしょにゲームやらバカ話をしてみたい芸人さんですね。
(と言いつつも、対等に語れるか、互角でゲーム対決はできそうもありませんが。)
フジタさん、見ていたら連絡ください。(一縷の望み)

■駄文
この本を読んでいる途中でなぜか、カプコンのSONSONがプレイしたくなりました。









by g-press_news | 2018-09-23 09:59 | カルチャー | Trackback | Comments(0)
『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』2018年10月より放送開始です‼
d0130291_08520182.jpg
荒木先生の公式ページでアップされました。
第5部はイタリアを舞台にしたギャングJOJO。(正確にはGIOGIO)
クォーターのイタリア系日本人の私としては、楽しみです。
原作通りのストーリーで行くだろうけれど、小説版(だったかな)のフーゴストーリーを混ぜてくるのか、
レクイエムの辺は入れ替わってアニメで声優さんがうまく表現できるのか、そこらを楽しみに視たいですね。

■駄文
新型ジムニー、いいね!




by g-press_news | 2018-06-23 09:00 | カルチャー | Trackback | Comments(0)

愛知県蒲郡市でHP制作会社を営む社長のブログ。蒲郡周辺の地域情報サイト ジープレスをよろしく


by g-press_news