「祝・プレイステーション4国内発売5周年!」公式アカウントが感謝のツイートです。
d0130291_03124098.jpg
プレイステーション4はご存知日本のSONY製。
なぜか世界的にも一番後発発売で日本では2014年2月22日にリリースしたハードマシンです。
今思えば、当時はスマホゲームが走り出した所で、新しいハードゲーム機が本当に必要かとか、スマホに勝てるのかとか、目玉ソフトや参入メーカーが少なすぎるとか、値段が高すぎるとか、メチャ厳しい意見が飛び交っていた事を鮮明に覚えています。
そんなこともあって、同じソフトタイトルでPS3版が同時発売する珍現象もありました。

しかし、そんな話はなんのその、ハードマシンとしては第一人者で売り上げも好調で、SONYのどん底からの救世主部門と讃えられています。
そのハードマシンがデビュー5周年!
おめでとうございます!

私はSONYファンであり、PSファンであり、PS4は愛用ゲームマシンとして今日もこんな時間までとあるPS4ゲームをしていたくらいにお世話になっているので、この5周年のアナウンスは嬉しい限りです。
昔のPS1、PS2、PS3マシンの頃に比べ、海外ソフトを増えてきたPS4時代。
昔はダメダメソフトも多かったのですが、最近のPS4の海外ソフトはほぼ当たりソフトも多く、国内ソフトメーカーも頑張って欲しいところ・・・。
何はともあれ、今後も面白いソフトラインナップで盛り上げて欲しい、楽しみなハードマシンです。


■駄文
「1、2、3、1、2、3」のプレステデビューCMはまだ覚えていますよ。





# by g-press_news | 2019-02-22 03:24 | ホビー | Trackback | Comments(0)
民主党政権時代を「悪夢のような民主党政権発言」と発言した安倍首相。
そのことに対して当時民主党幹部はやんや言っていますが、有名なこの動画を見てからにして欲しいです。
事実なんですよね。



■駄文
気管支炎、肺炎になりそうなくらいのタバコの煙が舞い上がって霧状態になっていた某会社。
この会社は、とあるクライアントにご紹介されたのですが、このタバコ霧状態に仕事を断ろうかと思案中。
さてさて。






# by g-press_news | 2019-02-21 08:41 | その他 | Trackback | Comments(0)
クルマに興味のある人、ない人でも誰それの自動車評論家のコラムやインプレッション記事を読んだことはあると思います。
いつも思うのですが、自動車評論家の方は車種問わず、新型車が出たばっかりの評論は大絶賛、ライバル車が出ればそのクルマを酷評化、モデル末期や過去のものなれば珍車扱いにしているのがほとんどです。
その理由を想像すると、販売台数だけの物差しをして判断していたり、ヨーロッパメーカーに媚び売っていたり、評論家スポンサーに寄りかかっているためだと想像がつきます。
そんな中で、下野康史<かばたやすし>氏は、前述のような偏った評論はしない唯一の自動車評論家だと私は記事を読むたびに思います。
販売台数やメーカー媚び売りやスポンサーに関係なく、このクルマはここがよい悪いをしっかり書いてくれています。
カルトカーについて造詣が深いので、軽い感じがしないのも好感を持っています。
そんな氏の記事をここで見たのですが、相変わらずの論評でしたので、ウンウンと思ってしまいました(ほめています)。
ライバルはどこにいるなんてタイトル素敵です!
画像はページのスクリーンショットです。以下テキストのリンクURLを読んでみてね。
d0130291_09433588.jpg
[WebCG ホンダ・ヴェゼル ツーリング・Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】]


■駄文
今、自分が担当している仕事3件が、クライアントの返事待ちです。
早く返事が欲しいです。
何もできない、動けない状態です。




# by g-press_news | 2019-02-18 09:46 | ホビー | Trackback | Comments(0)
中日スポーツ(WEB版)を読んで驚いた記事があったので、ご紹介します。
といっても中日ドラゴンズのこととか、スポーツ論議ではなく、井端氏の現役時代のエピソードコメントのやりとりが秀逸だったことです。

以下、記事内容抜粋(紺文字)

井端
「オレがピンチのときに投手に声をかけることで意識したのは、年上には厳しく、年下には優しく。
若い投手はパニックを起こしているケースが多くて、どやしつけても余計に萎縮してしまう。
逆に年上は『なにやってんですか!』でもいい。
オレは山本昌さんにも、岩瀬さんにもそうした。
そこでケンカになって、何言ってんだ、と言われたら
『その気迫で打者に向かっていきましょう』で切り返せばいいよ」

[ソース]

いやあ、この切り返しってビジネスでも使えると思いました。
そして私も使おうと思います。
いい加減さやムラがあるクライアントに対して、同じことをすれば、上手く話が進むと思うんですよ。
まして、井端氏が年上の山本昌さんや岩瀬さんに対応したことと同じように年上のクライアント担当者にも遠慮なく使えるフレーズですよね。
ここでさらに怒ってくる人なら、それで終わりと割り切れるし、
気持ち入れ替えて実行してくれるクライアントなら、仕事が運びやすくなります。
スポーツ新聞からビジネスの参考になるネタが拾えるとは思いませんでした。
さっそくこの切り返しを使いたいと思います。


■駄文
Googleコンソールを使い始めました。
でもこれでいいのかな・・・と疑問以前に理解できないこともあり。
たぶん、英語説明文を自動翻訳にして日本語版にしているんだけれど、これが辻褄合わない日本語訳文もあるから余計に意味不明になっていると思うのです。
なんだろな。




# by g-press_news | 2019-02-15 10:58 | カルチャー | Trackback | Comments(0)
2019年1月下旬にメタック(Metac) さまのホームページを納品致しました。
本当にありがとうございました。
d0130291_10581173.jpg
このサイトはコーポレイトサイトではなく、株式会社METの商品ブランドサイトとして制作しました。
同社は活性炭では日本いや世界におけるトップメーカーで様々なライセンスを所有している凄い会社です。
そのライセンスを日本人なら誰でも知っている大企業に協力していたりして・・・ブログでなかなか説明NGなんですが、とにかく凄い会社です。
その会社がオリジナルブランドでMetacを作り、第一弾として、日本製で竹の活性炭脱臭炭を作りました。
私も試したんですが、とにかく脱臭能力に長けています。
臭い靴(この季節、ロングブーツもおすすめ)、臭いクルマの室内やクローゼットなど効きますので、ぜひ試してください。
ちなみに蒲郡市のふるさと納税の返礼品にも指定されていたり、開発にはクラウドファンディングで大成功した商品です。
とにかく、臭い思いや臭くてお悩みの方は買って試してもらいたいです。

[NOTE]
Metac
・運営会社---株式会社MET


■駄文
コードレスの掃除機のバッテリーとモーターが壊れました。
3年でアウトになっちゃうのね・・・。
現在、無償交換をしてもらっている最中。
早く帰ってきて欲しい!




# by g-press_news | 2019-02-07 11:13 | お仕事 | Trackback | Comments(0)
先日、新規のクライアントHさまに
「1カ月に何件、ホームページからお問合せがありますか?」と聞かれました。
弊社はホームページ制作会社なので、小売業と比較すればそんなに多くはありませんが、だいたい月に3~4件のホームページ制作についてのお問合せがあります。
新規のお問合せ内容はほぼ2つです。

1.どのくらいのコストがかかりますか
2.制作の依頼

1については、ホームページはクライアントさまの業態や希望次第なので、新規の方はまずは打ち合わせしないとコスト算出できませんとお答えしています。
2は、そのまま打ち合わせのアポになります。
この中で正式な仕事に繋がるのは1~2件となります。


その他、ホームページを見ながら会社に電話があってのお問合せや
既存のお客様のご紹介や銀行さんからのご紹介が月に2~3件くらいあったりします。
こちらもすべて正式な仕事に繋がるのは1~2件です。


よって、前述のものと合わせると月に2~4件が新規の仕事が来る感じになっています。
開業以来今年で20年目。
営業をしない、することができない弊社にとって、ホームページで新規の仕事を得ることはありがたく思っています。

商売不向きなニッパチである今月(2月)、お問合せはどんな感じになるのか、不安もありながら興味深々です。

[NOTE]
有限会社スタジオリベルタ


■駄文
近所にある昼しか営業していない定食屋さんに行きたいが、どうにも行くタイミングが計れず。
困っている私です。




# by g-press_news | 2019-02-04 13:30 | お仕事 | Trackback | Comments(0)

愛知県蒲郡市でHP制作会社を営む社長のブログ。蒲郡周辺の地域情報サイト ジープレスをよろしく


by g-press_news