「VAIO株式会社」かぁ・・・。

弊社のありとあらゆるPCはすべてSONYのVAIOシリーズです。
昨年、SONYがVAIOを売却というニュースを聞いて、さあ、次の買い替えPCはどうしようかと・・・
ずっと思っていて、その後、VAIOのニュースも聞かぬまま、半年以上経過しました。
そのニュース直後にPCを駆け込みで買ったくらいVAIOフリークでもあります。

そして先日の7/1についに公式発表があり、
SONYからスピンオフする新会社は、「VAIO株式会社」になりました。
色んな経済ニュースを見るとこの件に関しては
「PCの本質を追究し続ける」と語り、同社が「製品の強み」で戦っていくことを宣言したようです。
また、SONY時代のVAIO路線を踏襲していくようで、現時点では、本当の意味での「新生VAIO」ではないようです。
ですから、ブランドニュー!新生VAIOの登場はまだ先のようで、時期も濁す答えだったみたいです。

このニュースを聞いてVAIOフリークな弊社の事情を記載しますが、
弊社がVAIOを永年仕事で使用していたのは、今はなきTYPE-Rシリーズがあったからなんですが
このモデルはその時代において突出したスペックとAdobeシリーズや音楽映像関連のソフトが最初からプレインストールされていることが非常に魅力で重宝していました。
ですからTYPE-Rシリーズの買い替えは必須なサイクルだったんですが、数年前にこのハイスペックグレードも消滅してしまい、なんとかそn時々のVAIOの最上位機種グレードでしのいできたんですが、もはやこれも限界域・・・。
ですから、本当に弊社のようなWEB関連の仕事用マシンとしては他メーカーの追従を許さないブランドとグレードでしたので、SONYが売却を決めた後、今後のPCの買い替えはどうしようか・・・と悩んでいました。

マスコミの予想では、登場する新VAIOのラインナップ数は少なく、安いPCからは訣別し、高付加価値モデルが中心でビジネス特化になるそうなので、そうなれば、前述にも記載した旧グレードのTYPE-Rシリーズをおのずと期待してしまうのです。
是非、VAIO株式会社のVAIOにはTYPE-Rシリーズを復活させて欲しいものです。

なぜか、Panasonicが同日にVAIO PCを買い替え下取り額をアップしますと発表しています。
なんか意味あるのかね?



■駄文
最近、仕事の問い合わせが多いです。
消費税アップの雰囲気なんて全くなくなってきました。
なんなの、この雰囲気・・・と感じまくっている私も含めて弊社スタッフです。

[PR]
トラックバックURL : https://gpress.exblog.jp/tb/20873975
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by g-press_news | 2014-07-04 11:30 | ホビー | Trackback | Comments(0)

愛知県蒲郡市でHP制作会社を営む社長のブログ。蒲郡周辺の地域情報サイト ジープレスをよろしく


by g-press_news