「勇者ヨシヒコと魔王の城」が面白い。

ドラクエをプレイした事ある人はシンクロ率は高いと思うけれど、プレイしたことのない人でもどこかでシンクロしてしまうストーリーとキャラクターが笑えてしまう「勇者ヨシヒコと魔王の城」が面白い!
ドラクエ発売元のスクウェア・エニックスが「協力」という形でクレジットされている公式なパロディで同社の懐の深さを感じますね。
d0130291_10305759.jpg

パロディなドラマでアホさ満点ですが、こういうドラマは今このご時世に本当に必要だと思います(褒めています)。
[オフィシャルサイト]
なんだか、自分もこのドラマの役者として参加してみたいくらい面白くて、偶然途中から見ている自分に何故か後悔。そう思わせるくらいのパロディです。

今の所、DVD-BOX買おうかな・・・なんて思ってます。


■駄文
こういう面白い番組が深夜って所が残念。
2とか3とかシリーズ化するといいんじゃないかと。

[PR]

by g-press_news | 2011-08-28 10:40 | カルチャー | Trackback | Comments(0)

イカタコキック!

8/22放送の報道ステーションのスポーツコーナーで、14歳の水泳五輪メダル候補(ブレスト)の渡部香生子さんが特集されていました。
彼女の武器はイカタコキック!
ブレスト(平泳ぎ)は、足を引くときは前に進むのには抵抗になりますが、次のストロークの際に水を蹴る推進力になります。
しかし、彼女は足の引きがいっぱいではなく、ゆったりだらーんとした感じで引く泳法、これがイカタコキックで、なんと参考タイムでありながら、200mでは世界3位のタイムだとか。
このイカタコキックで前かきの数も200m世界1位保持者よりも20~30ストローク少ない数(数値覚えていなくてすいません)で泳ぐそうです。

説明はこの辺として、私も中学生の時にブレストで愛知県県大会で入賞したものとして、この泳法で同じ効果があるのであれば、現役の時に学びたかった・・・と何故か羨ましさと後悔の念が・・・。
彼女のコーチ指導がいいことはもちろんですが、自分の時は根性といった精神論ばっかりで新技術導入なんてなかったものですから、にんともかんとも。

しかし、このイカタコキック、番組内では足の引き角度やら、ダラーン度(意味解りませんね)の説明がなかったので、詳細な技術が解りませんでしたが、ニュース番組のスポーツコーナーだから仕方ないか・・・と割り切って終わるしかありませんでした。
ちょっと自分のブレスト人生に残念感・・・、彼女の新泳法が世界でどこまで届くのか期待であります。


■駄文
精神論で叱咤する昔。
技術で結果を出す現代。
生まれてくる時代が少し早かったか・・・と思うしかない。

[PR]

by g-press_news | 2011-08-23 09:13 | カルチャー | Trackback | Comments(2)

ひょんなことから「メカニック」

たぶん、マイナーな部類に入るであろうと思われる「メカニック」という映画を観に行きました。
というのも、家族はハリーポッターとポケモンを同時刻に観に行ってしまったので、仕方なく私は同映画をチョイスしてシネコンに。
そんなひょんな理由で「メカニック」を観たんですが、ちょっとエグイけれど、結構楽しめるいい映画でしたよ。
d0130291_19374985.jpg

ジェイソン・ステイサム演じるアーサーの殺し屋ストーリーですが、
話もさることながら、アクションも凄い。といってもシュワ系の凄さではなく、エグさが際立っているアクション。途中のボスとの戦いでフォーク付トラックで刺すか!と叫びたくなるシーンの前後は見物です。
ひょんな理由で期待値ゼロ、事前情報なしで観たんですが、これは「当たり」だと思いました。
公式サイトを見ても、ロードショウしているシネマが少ないので、期待値が低く、マイナーな映画だと解りますが、機会があれば、是非どうでしょうか。


■駄文
「当たり」を引くと映画を観たあとの時間も何かいいことありそうな気がしますね。

[PR]

by g-press_news | 2011-08-18 19:48 | カルチャー | Trackback | Comments(0)

新仮面ライダー・・・衝撃。

秋から始まる新・仮面ライダーの「仮面ライダーフォーゼ」には衝撃を受けました。
公式サイト
凄いデザインに脱帽。言葉出ません。

昔あったキョーダインに似てる。
もしくはロボコンに出てきそうでもあるし、お笑い系の悪役っぽい気もします。

これで子どものヒーローでいいのかなあ。
久しぶりにそんな意味の衝撃を受けました。


■駄文
電王の時は電車に乗る、ライダー?
なんてそうとう疑問を頂きましたが、今回はありえない気がします。

[PR]

by g-press_news | 2011-08-10 08:50 | カルチャー | Trackback | Comments(0)

取引先の経営革新

7月からとある外食産業の取引先が新たにステーキをメニューに取り入れました。
これまで、イタリアンなお店だったんですが、外食産業が中食に押されていることもあって、活性化を考えてのイタリーなのに、ステーキ?という不思議さと言いますか、冷静に考えれば「?」が出てしまう、路線追加をしました。

弊社もそれに伴ってとある取引先のホームページにステーキ記事を追加して、ホームページもセミリニューアルしました。
d0130291_100176.jpg

8月に入って、1か月経過した反響を聞くと、ステーキを取り入れたことで売り上げがグーンと伸びたとか。
理由は、自動車関連の輪番と夏休みで親子連れがアップする中、これまでイタリアンでは、お父さんがガッツリ食べれなかったのが、ステーキ導入でガッツリお父さんも来店し、奥さんと子どもはイタリアンと食の好みを区別化し、一家の取り込みに成功したようです。

元々、たくさんの店舗展開をしていて、他ブランドの肉関係には精通していた同社。
あえてイタリアンにステーキという微妙なマッチに同社内でも疑問の声があったようですが、見事に大成功。

成功の裏側には、このご時世、奇抜な発想も必要な気がします。


■駄文
事務所のエアコン、AMは電源を入れないように頑張っていますが、時々暑さに負けてスイッチオンしちゃいます。

[PR]

by g-press_news | 2011-08-04 10:04 | お仕事 | Trackback | Comments(0)