「仕事(景気)はどうですか?」という言葉。

年が明けて取引先や初めてお会いする方に絶対に言われるのが
「仕事(景気)はどうですか?」という言葉。
業種によっては、大変な所もあるようで4月まで持ちこたえる事ができるかどうかっていうのも、冗談で言えないようです。

そうなるとどの会社もコスト削減を意識し出して、まず切るもしくは見直すのが

1.保険(事業or個人)
2.不動産
3.設備投資費
4.広告宣伝費

って所です。

1は解約や見直しが結構多いようですね。取引先でもよく話を聞きますので、保険屋さんも大変じゃないかなと思います。

2は、持っている方が言えるものなので、なんとも言えませんが、売りが最近多いようです。といっても時価が下がっているので、売値も底のようで、売るのも損かもしれませんが、現金化できればまだいいという流れが多いようです。

3は当然控える風潮が多いようです。製造業を相手にしているメンテ会社は悲鳴を上げています。産業立国愛知だけに計り知れないダメージのようで、10月まで多忙だった会社が、現在は暇で仕方ないと言っています。

4は紙媒体、野立看板や弊社のようなホームページ制作会社の件になってしまいますが、弊社に限っては、4月くらいまでは、多忙な仕事量を確保できております。
毎年、1~3月はローペースと言いますか、暇な時期なんですが、今年はどうやら違うようでまずはゴールデンウィーク前(4月末)をゴールとして仕事に集中していかなければならないようです。
でも、ですね。
いつ弊社も不況の波に飲まれてしまうかもしれないという恐怖は持ち続けていないといけないと思っています。

冒頭で、取引先などに「仕事(景気)はどうですか?」という言葉を頂いた時にいつも思い出すのが、昔、ビートたけし言っていた言葉。
「自分が今好調だな・・・と思った時は、既に下降線が始まっている・・・と思っていないと大変なことになる。」と芸能人であり文化人の言葉。
この言葉を思い出し、いつも心に刻んでいます。
これって、まんざらではないと思うのは私だけでしょうか。
[PR]

by g-press_news | 2009-01-10 22:40 | お仕事 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://gpress.exblog.jp/tb/9185463
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。