取引先の新担当者は20歳の女性・・・。

「ゆとり教育」を受け大学を卒業した22歳が社会人になった本年度(つまり先月の4月です)。
そのゆとり教育を受けた年代である20歳の女性が、とある取引先のIT担当となり弊社との窓口になるということで、先日顔合わせをしました。

彼女は先にも記載した通りの20歳の女性で、昨今のゆとり世代の非常識行動の問題世代なので、大丈夫かな・・・なんて思っていましたが、顔合わせをして色々な話をしていると、世間の評判とは逆で、非常に礼儀正しく仕事についても1を言えば10どころか、20くらいは先読みして行動できるスキルを持っていて、いい意味で驚きました。
彼女の上司もこのスキルに驚いていて、聞いてみれば、彼女は蒲郡高校卒業生だとか。

[NOTE]
愛知県立蒲郡高等学校

この蒲郡高校は、今から9年くらい前に普通科、商業科を廃止し「総合学科」としてスタートを切った高校。
専門性に特化した高校に生まれ変わっていた事は、報道で知っていましたが、彼女はITに特化したコースにいたようで、このスキルの高さに驚きました。
私もホームページ制作業で13年やっておりますから、少しの会話でどのくらいのレベルであるかはすぐに解ります。彼女と少し話をしただけで、これはかなりのものだなと理解できるほどでした。
こんなに良い人材を輩出している蒲郡高校。驚くと同時に見直しました。
そして今後の新規人材採用をするのであれば、一考したいと感じました。
高校卒の採用が厳しい昨今ですが、いやはやこんなに良い人材がいるのであれば、弊社で頂きたいくらいです。


■駄文
顔合わせの後、数時間後に打ち合わせのお礼と仕事依頼のメールが来ました。
こういう事ってできそうで、なかなかできないものです。
そういう意味でも良い人材で、取引先の良い人材に羨ましく感じました。

[PR]

by g-press_news | 2012-05-14 10:10 | お仕事 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://gpress.exblog.jp/tb/15863512
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。