エコタンク式のプリンターを購入しました

弊社は会社の決算が4月です。
世の中は、3月や6月が多いと思うのですが、弊社は4月ということもあって、少しズレた決算月です。

決算が4月末なので、2月より税理士さんのアドバイスもあって3月の現在も決算対策をしています。
設備投資をどうするのか、次期の会社の展望を考えたり・・・とワクワクする日々です。

決算前の設備投資ということで、PC、カメラ、ドローンを購入しようと目論んでいた所、昨日、突然プリンターがお釈迦になりました。
弊社はあまりプリンターを使わない事業所で、多くても200枚/月程度の印刷数です。
昨今はレーザープリンターよりもインクジェットがエコだとかコスト安とか言われますが、今度はこれを機にエコタンク式のプリンターを購入しました。
d0130291_14412948.jpg
エコタンク式プリンターのEW-M770Tは、本体が6万円くらいして結構高いモデルですが、インクがエコタンク(=ボトル)式になり、カートリッジ方式とは比較にならないくらい安価になったので、納得して購入しました。

決算対策をしている最中に起きたプリンター買い替え騒動でなかったら、買わなかったと思いますが、エコタンク式のコストダウンと印刷枚数アップに少し嬉しい弊社です。でも200枚/月しか印刷しない弊社に意味あるのか・・・とも思いますね。
ま、いっか。

■駄文
エコタンクにインクを注入する時がなかなか面白いです。
「トクトクトク・・・」といったお猪口に酒を注ぐような音がたまらないです。





[PR]

# by g-press_news | 2017-03-22 15:24 | オススメ | Trackback | Comments(0)

しっかりしてくれ、JR東海!

最近、JR東海の利用が多くなった。
これまでクルマ移動が多かったが、駅前のクライアントが多くなったり、社員との合流場所が駅ということがあったりして何かと利用が増えてきた。
移動時間が計算できるのが最大のメリットだと思っています。
d0130291_16051952.jpg
ところが、ここ最近のJR東海は点検ポイントがうんぬんで遅延やら列車事故やら、何かとダイヤが乱れていることが多い。
数時間不通もしばしばある。
列車の人身事故やクルマとの接触事故はJR東海に落ち度はないにしても、枕木などが崩れた西岡崎駅の事故はメンテ不足だと言わざるを得ない。

今日、朝9時台においてどこかの点検ポイントの点検で上下線すべて8分遅れというアナウンスが流れていた。(写真は2017/3/7 9:25頃の蒲郡駅)
「ここ最近」と前段で述べたが、比較した時代は自分が学生だった20年以上前との比較になるが、ここまでJRのダイヤ乱れが多いのにはびっくりしています。
企業としてどうなの?とJR東海には問いたくなるくらいのダイヤ乱れに文句も言いたくなります。
前提に日本の正確なダイヤが当たり前になっている日本人の私がおかしいのかもしれません。
しかしこの多発なダイヤ乱れは、20年以上前はほぼ皆無だった気がします。
まさか・・・JR東海も「ゆとり世代」が運営しつつあるのか・・・と疑いたくもなります。
あまりにも頻繁にあるから、これからクライアントとの打ち合わせ時間は遅れる前提でアポ取りをしないとまずいなあ・・・と思ってしまいます。
こう思われるってことは、かなり信用度が落ちているとわかって欲しいです、JR東海。
エールをこめて「しっかりしてくれ、JR東海!」と叫びたいし、色んな人に迷惑をかけていることを解って欲しいです。
運賃というお金を取っている以上、プライドを持ってJR運行をして欲しいと思います。


■駄文
葬儀場にもTポイントが導入されると聞いて、なんだかアングリ。
悪くはないんですが・・・アングリです。




[PR]

# by g-press_news | 2017-03-07 16:28 | カルチャー | Trackback | Comments(0)

ザブングルは男の子!HI-METAL Rが出ます!

2月下旬に正式発売日がアナウンスが流れたザブングルのHI-METAL R。
d0130291_10405837.jpg
ザブングル大好きな私にとって、これは買わなくては・・・!と2017年7月が楽しみになりました。
数年前に超合金のザブングル、ウォーカーギャリアが発売されて
即購入してまだ未開封のまんま状態。
時を経てザブングルのHI-METALか・・・
次はウォーカーギャリアも発売されるんだろうな・・・
バンダイさんの思う壺の客になっているな・・・
と解っちゃいるけれど、購入します!

まあ、なんて言いますか、中学生時代に夢中になったサンライズアニメなので、あれから30年以上経過しても、あの時の衝撃や影響を頂いた感謝の気持ちとして、ザブングルシリーズの商品は必ず購入させていただきます!
(きっぱり強く宣言!)
私の中では、初代ガンダム、Zガンダムよりもザブングルは高評価しています。(ちなみにダンバインも高評価しています。)
バンダイさん、ザブングルシリーズは今後ともよろしくお願いします。

ちなみに、特設サイトはこちらです!


■駄文
そんな私も高校3年生も持つ親でありまして、昨日(3/1)の卒業式に出席。
祝辞を全員の前で述べさせていただきました。
暗記で5分ほど難しい話はなしで解り易い祝辞をしたら、高校生や親御さん、先生から高評価を得ました。
JCの理事長時代以来、久々の演説でしたが、まだまだ私の剣は錆びていませんでした。
卒業式でもらい泣きはして涙はいっぱいでるけれどね。



[PR]

# by g-press_news | 2017-03-02 10:56 | ホビー | Trackback | Comments(0)

「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」のオープニングテーマソング「Fighter」まで火種が行かないで!

世間を騒がしている出家女優:清水富美加の影響で、KANA-BOON・飯田祐馬の不倫問題が沸きあがっていますが、
私が今心配しているのが、KANA-BOONが「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」のオープニングテーマソング「Fighter」まで火種が飛んでオープニング曲が変わってしまわないかと思っています。



機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズは、ストーリーも面白いことも勿論ですが、歴代のテーマソングもなかなか聞きごたえがあって評価しています。
現在、物語がクライマックスに突入しているだけに、出家女優の呼び水の影響でポシャるのは避けて欲しいと思っています。
杞憂に終われば幸いですが・・・同じ事を思っている鉄血ファンは絶対にいるはずです!
スポンサードのバンダイさん、よろしくお願いします!


■駄文
鉄血・・・はガンダム×ヤクザのストーリーで文字で書くと野蛮そうだけれど
こういう生き様には共感できるし、憧れます。
「どうすればいい・・・オルガ?」
「潰せ!」
このシーン、いいですね。
そのシーンは以下埋め込みの13:00の辺りですが、最初から見てオジキに泣きつく所から見ていただければ幸いです。

#私が実際のビジネスシーンで不正をした人物を追い詰めたことが半年前にあっただけに考えちゃいましたね。








[PR]

# by g-press_news | 2017-02-23 10:16 | カルチャー | Trackback | Comments(0)

■HP制作実績[有限会社 飯田看板店さま]

2月上旬に有限会社飯田看板店さまのホームページを納品致しました。
ありがとうございます!感謝です。
d0130291_09091502.jpg
これまで他社で制作したものの、部分的に工事中状態で10年近くほったらかし状態でした。
昨年末に同社社長が腰をあげて、弊社にご依頼があり全面改良を施しリニューアルとなりました。
今回の制作ポイントは、同社のイメージイラスト紙芝居を表現する・・・ということでイラストを前面に出して、にぎやかで楽しい雰囲気にしました。
楽しさが伝わり、仕事が舞い込み繁盛することを願っています。


[NOTE]
有限会社 飯田看板店

■駄文
液体歯磨きの
リステリン トータルケアを使った後にお湯で口を濯ぐと・・・口の中が大変なことになります。
これが悶絶するくらい凄いのでご注意を。
でもこれが快感になってきた今日この頃。





[PR]

# by g-press_news | 2017-02-17 09:21 | お仕事 | Trackback | Comments(0)

プログレ集合している秘密工場か?

山の中にとある車種しかない秘密工場を発見。
・・・と前回ブログの「駄文」で書かせていただきましたが、ちょっと難しい角度でしたが信号待ちで写真が撮れましたので、紹介します。
d0130291_10341504.jpg
なんと!トヨタ プログレばっかり集合しています。
クルマ屋さんではなさそうなんですが、プログレを集めてカスタマイズしているような感じです。
もしかしたら、クルマ屋さんのバックヤードかもしれませんが、このプログレ収集は相当なもの。
これは愛知県岡崎市のとある場所なんですが、愛知県豊橋市にはデロリアンが集結している空き地はあるし、愛知県安城市にはAW-11型のMR-2の墓場はあるし、なかなかの画にクルマ好きにはたまらない場所です。
愛知県、恐るべし!


■駄文
カバンが欲しい、今日このごろ。
どのカバンにしようか、なにが決め手なのか、自分の中で決まっていないのが一番ダメな所で、カバンが買えない現状です。





[PR]

# by g-press_news | 2017-02-13 10:40 | カルチャー | Trackback | Comments(0)